フェリーチェプラン大学

お金がどんどん増える人と増えない人の差

お金がどんどん増える人と増えない人の差

この知識はこんな方におすすめ

  • 数字やお金に関することが苦手な人
  • どんな商品を買ったらお金が増えるのかと思っている人
  • お金持ちになりたいなぁと思っている人

私は個別相談やセミナーで、次のような質問をたくさん受けます。

「初心者がやっておくべき金融商品は何でしょうか?」
「投資信託とか株とか、NISAとか・・・おすすめは何ですか?」
「やっぱり元本が割れてしまうのは抵抗があるのですが、やる必要があるのでしょうか?」

初心者向けの金融商品なんてものはありませんし、ある日突然お金が増えるというものもありません。

損しない金融商品、簡単に早くお金が増える具体的な方法を知りたいと思っている人は多いのですが、残念ながら人それぞれ職業、収入、家族構成が異なるので適正なアドバイスをすることは難しいです。

具体的な方法は次の段階であり、まずお金との付き合い方を整えていくことが大切なのです。

お金ときちんと向き合うことで、お金はどんどん増えていく

聖書のマタイ25、14-30の結びに以下のような言葉があります。

「持っている人はさらに与えられて豊かになる。
持っていない人は持っているものまでも取り上げられる」

自分の財産を、3人のしもべに預けた人の話です。

預かった財産を上手に運用して、倍に返すことができた人は主人に褒められました。一方、資産を増やさず、そのまま預かったものを返したしもべは、強く叱られたうえ、取り上げられたのです。

つまり、お金ときちんと向き合った人は幸せがやってくるのです。

「金は天下の回りもの」とも言いますね。確かにお金は回っていますが、お金のことを大切に思っていない人にはきません。

「世の中はお金じゃない」とか、「有料だったらそこで相談したり、セミナーには行かないわ」という言う人もいます。

「焼肉タダでどうぞ」とか、喜んで食べますか?「どこ産のお肉かしら?」「タダって大丈夫?」と思うのではないでしょうか?

また、形のない商品の一例として、病院での診察があると思います。「無料で診療します」と言われて、どんな気持ちになるでしょうか?

「このお医者様、患者さんがいないのかな?」「適当に診察しないかな?」と思う方が多いのではないでしょうか?

このように、形の有無にかかわらず、無料のサービスに対しておかしいと思わない方がろくな感覚ではないと思います。

お金は幸せになるために遣いますお金との付き合い方を知らない人は不幸になってしまうのです。

お金と上手に付き合うことができるコツがあるとすれば、それは「お金って増えるんだ!」という感覚をできるだけ早く経験することだと私は思います。

家計管理ができるようになり、投資などを始めることを早めにやって「まわりの人よりちょっと増えている」という状況にしておけばいいのです。

例えば、実際に甲子園に行けるかどうかは別としても、小学生1~2年生で友だちと野球をやるとき、自分がまわりの子よりうまければ、当然その子は「自分は野球が得意なんだ」という感覚を持ち、「もっとやりたい」と思うようになります。

その気持ちが芽生えてしまえば、後はどんどん自分で成長していくでしょう。これはスポーツに限った話ではありません。芸術でも、お金の勉強でもすべて同じことだと思います。

それでは、お金がどんどん増える人は、どのような考え方を持っているのでしょうか?

人間には3種類に思考タイプが存在している

人は3種類の思考タイプに区分されると言われています。3種類とは、

  • ついてる人
  • ふつうの人
  • ついてない人

です。

経営者や富裕層と呼ばれる人々には共通点があります。それは、「どれだけプラス思考でいられるか」ということになります。

ついていないことは置いておいて、ついていることだけにフォーカをしているプラス思考の人が多いです。

例えば、以下のようになります。

失敗したと思わない

「失敗は成功の元」ととらえる

できないと思わない


そのことができる状況が整うまで先延ばしせず、まずはやってみる

リスクをとらないことがリスク


やってみて考えるという練習だと思い、経験値を増やすチャンスをもらった

反対に、お金を増やすことができない人は、「失敗してしまったら困る」「万全の体制になっていない」など、ついていないことだけに焦点をあてている人と言えます。

あなたがすべてと感じている意識領域はたった5%

日本にヨガを広め、政財界の実力者からも支持されていた中村天風氏の教えによると、心の中は、「実在意識」「潜在意識」があるのです。

実在意識とは、あなたが意識できる心の領域であり、潜在意識とは、あなたが意識できない心の領域です。

つまり、あなたがすべてと感じている意識領域はたった5%であり、お金と上手に付き合うには95%を占めている潜在意識をあなたの味方にする必要があります

この潜在意識とは、世の中はマイナスの暗示にとても影響を受けています。

例えば、

例)マイナスの暗示

  • 失敗した・・・
  • できない
  • 殺人事件があった
  • なかなか給料が上がらない
  • 今は不景気だから売れない?
  • AIが仕事を奪う
  • 意思が弱い
  • 身体が弱い

そのため、潜在意識の大掃除をすることで、あなたの実在意識をプラス思考にすることができるのです。

潜在意識は早い人で数週間、3カ月を目安に一掃することができます

一番カンタンな方法は、寝る直前に実在意識にわくわく感を与えることです。

うれしいこと、お金に働いてもらうイメージ、などです。

スマホのアプリをインストールすると、最新になるのと同じような感覚です。

インストールすると、フリーズしたり、相性が悪いこともあるように、潜在意識を大掃除すると、何かしたら不具合がでるかもしれませんが、少なくとも良い方向に前進しています。

学校で試験の答えを求めるように、お金と上手に付き合っていく答えがのっている教科書はありません

お金との付き合い方というのはパズルのようなもので、ここにはおおよそ「こういう答えであってると思うよ」というところまでは勉強することができます。

しかし、パズルにぴったりはめるのは、自分なりに工夫したり、成功や失敗といった経験をしないと、なかなかぴったりはまらないものなのです。

そのため、正しい答えを求めるより、プラス思考の習慣を身に付けることが大切です。

まとめ

成功している経営者や富裕層は、人に何かよいことがあったら「よかったね」と素直に喜んでくれる方が多いです。「金持ち喧嘩せず」ということわざがあるくらいです。

またうまくいかなかったときも、終始愚痴っているのではなく、前向きにとらえる習慣があります。

それに対して、うまくいっていない人は、妬んだり、悪口をいうことで、お金を増やすことが難しい状況に陥ってしまうのです。

お金と上手に付き合うということであれば、やはり心構えや習慣を変えていくことがとても大切なのです。

一流を目指すのであれば、一流の価値観を知るべきです。身につけるもの、食べるもの、体験するもの、そしてプラス思考という考え方など、すべてにおいてです。

プラス思考で一流の輪の中に入れば、お金に対する付き合い方も良い方向に変わっていき、自然とお金が増えていくようになります。

株式会社フェリーチェプラン

住所:東京都渋谷区神宮前 6-18-2 グランドマンション原宿 10F

Phone:03-5468-2970

fax:03-5468-2971

Copyright© フェリーチェプラン , 2020 All Rights Reserved.