06. 金融・保険のこと

ボーナス払い

最近、ボーナス払いへの相談が多くなってます。「ボーナス払いは不利になるのでは」というご相談です。

みなさん、まず確認することはボーナスが多い方が一番影響を受けるのが、手取りが少なくなるということです。基準は2.5ヶ月以上のボーナスがあるサラリーマンの方です。

ボーナス支給−社会保険料=手取り額という計算ですが、この時代あまりボーナスが増えるということは考えにくいですので、社会保険料が増えると手取りが少なくなるという結果です。では、どんな影響がでてくるでしょう。

社会保険料とは、「労使折半」といって、みなさんだけでなく、雇用している会社も負担が多くなるということです。ということは、会社も税金支払いが多くなるのが嫌ですから、なんらかの対策を考えてくるでしょう。

1. ボーナスを少なくして、毎月のお給料に上乗せする
2. ボーナスという形でなく、報奨金的に6・12月でない月に支給する・・・など。

ボーナス払いで一般的なのは「住宅ローン」と「保険料」です。なかなか住宅ローンはすぐには見直せるものではありません。ですから、「保険の見直し」は必須です。ボーナス時期は迫ってきてます。月払いのほかに、ボーナス払いしている方、保険かけすぎではありませんか?確認してください。不明であれば、かづな先生に相談ください。お待ちしてます。

株式会社フェリーチェプラン

住所:東京都渋谷区神宮前 6-18-2 グランドマンション原宿 10F

Phone:03-5468-2970

fax:03-5468-2971

Copyright© フェリーチェプラン , 2021 All Rights Reserved.