03. つれづれ日記

そば打ち名人 高橋邦弘さん

9月21日は秋分の日。大型連休のど真ん中ですが、ニュースで見るような遠出をすることもなく、渋谷東急百貨店・本店に行ってきました。理由は、たまに行くお寿司屋さんの大将が、広島からマイクロバスに乗ってやって来るお客さんがいるということを以前から聞いており、その方はそば屋さんをやっているとのこと。

今回、渋谷の東急本店に来るというので、どんな方なのか興味があり、実際に訪れてみました。東急本店7F、催物場でそば屋らしき店を発見し、『広島』と書いてあったので、きっとここだろうと入店。

栃木のお酒、「四季桜」が置いています。

早速注いでもらい、そば味噌をちょこちょこやりながら、日本酒を頂く。百貨店の中であることを忘れるくらいのくつろぎよう。(しかも「諸国名産 味まつり」なので、仮スペースです)

そばが来ました!コシが強く、弾力があり、香りが漂います。こんなそば食べたことない!!という感想です。

実際にそばを打っているのは、広島県「達磨」の高橋邦弘さんです。文春文庫から出ている『そば屋 翁―僕は生涯そば打ちでいたい。 』という単行本を買いました。

新潟生まれの東京目白育ちで、現在65歳。72年に一茶庵宇都宮店で修行。75年東京南長崎で「翁」開業。86年山梨県長坂に移転。2001年「翁」を弟子に譲り、広島県豊平にて屋号を「達磨」と改め、再出発。現在は不定期に週末営業のそば屋さんをやっているとのこと。

お寿司屋さんの大将が言ってましたが、一度広島のお店に行ったことがあるらしく、広島駅から車で1時間。広島空港からは1時間30分もかかるのに、2時間待ちだったとのことです。

とても美味しいおそばを頂き、帰ろうと思いましたが、せっかくなので、長野県「就一郎漬本舗」で味見をすると、美味しかったので、野沢菜やわさび漬などを購入。

そこで突然見知らぬおば様に話しかけられ、「この野沢菜もいつも買うんだけど、あっちのまぐろもおいしいから、是非オススメよ」とのアドバイスが。そのまぐろ屋さんとは、「神奈川県 三浦三崎港 山久」。さっそく、まぐろの粕漬といかの塩辛を購入。

さらに、別のおば様にも話しかけられ、私はどこに行っても、気軽に声をかけられやすいタイプなんだと実感しました。

株式会社フェリーチェプラン

住所:東京都渋谷区神宮前 6-18-2 グランドマンション原宿 10F

Phone:03-5468-2970

fax:03-5468-2971

Copyright© フェリーチェプラン , 2020 All Rights Reserved.