06. 金融・保険のこと

マニュライフ生命?おそらく知らないでしょう・・・

毎日雨の日が続きますが、基本レインコート&自転車で移動している田中香津奈です。

みなさん、マニュライフ生命って知っていますか?先に言いますが、一般の方は知らないのが普通で、知っているとしたら、東京三菱UFJ銀行で主に販売しているので、それでかすかに知っているくらいかと思います。しかし実は世界規模の会社ということが分かる表があるので、ご参考までに。(マニュライフ生命HPより)

トリビア的ですが、本社はカナダにあり、カナダは建国150年。そしてマニュライフ生命も130年を迎え、なんとマニュライフ生命初代の社長は元カナダの首相というくらいカナダとはゆかりの深い保険会社とのこと。ディープな保険関係者なら、「第百生命買ったところでしょ。昔渋谷にあったよね。」さらに、

■マニュ(マニュライフ生命のこと)
■マス(マスミューチュアル生命のこと)

だけで通じるくらいで、どちらも法人市場を得意としていました。しかし今月マスが、日本生命に買収されるという記事を読み、マニュはどうなんだ! という興味本位で、本日雨の中、FP向け勉強会に参加してきました。

この会場に来るまでには、ガラス張りの個室ルームがある、映画に出てきそうな外資系の会社。良いですね。(奥に写っているコーヒーポットが、電動自転車の充電器に見えてしまう自分が悲しい・・・)

以前は国領にあったのですが、初台のオペラシティ30階にあるマニュライフ生命の本社で、商品開発のトップで、常務執行役員の松尾 嘉則氏からの説明です。

日本がマイナス金利の中で、米ドルもしくは豪ドルを選択できる終身保険
===============
マニュライフ生命の「こだわり外貨終身」
===============
についての解説なんですが、法人頼みではなく、個人市場へ シフトしているようですね。マスはその点、法人にこだわってたなぁ・・・なんて思いながら、聞いていました。

10月17日の日経朝刊【3面】に「世界株高 鮮明に」と報道されているように、現在世界株指数は最高値を更新し続けています。このようなとき、投資を開始する人が多いのですが、投資初心者向けの金融商品が投資信託。ただし、投資信託はあくまでもカゴのことであり、中に何が入っているかが重要になります。

その中に入る代表的な資産が「株式」と「債券」になります。そして、さらにそれを日本と海外というカテゴリーに分けることが投資対象の分散です。日本国の債券は国債ですね。

参考までに、下記のグラフは2000年1月から2017年4月までの日本・アメリカ・オーストラリアの長期金利の推移です。2016年半ばから国債はマイナス金利になっています。

私は預貯金派なので、国債なんて買ったことないよ!という方もいらっしゃるかもしれませんが、実は預金をすることで国債を買っているのです。預金していてもお金がふえないというのは、マイナス金利だからということが納得いただけるでしょう。

少人数である約10名のFP出席者でしたが、保険リテラシーが高い方ばかりで、質問事項も大変勉強になりました。

一般の方はドルや変額は詳しい担当者に当たると、ラッキーですが、あまり知らない担当者なら、むやみにリスクが高いから止めときましょう!と一蹴されるので、これからは、ますます担当者の時代だと痛感します。

株式会社フェリーチェプラン

住所:東京都渋谷区神宮前 6-18-2 グランドマンション原宿 10F

Phone:03-5468-2970

fax:03-5468-2971

Copyright© フェリーチェプラン , 2020 All Rights Reserved.