04. プライベート

新潟・佐渡(旅行編)

朝8:00のジェットフォイルで新潟から佐渡の両津港へ。新潟から佐渡への交通手段は、フェリーorジェットフォイルが主流です。フェリーが約2時間30分近くかかるのに比べて、ジェットフォイルはちょうど1時間で到着できます。

港についてからは、レンタカーを借りて、まずは紅葉を見に『大佐渡スカイライン』へ。紅葉といえば、日光の『いろは坂』に慣れていて、大混雑かと思いきや、ほとんど貸切状態。まるで、色鉛筆を放出させたかのような色鮮やかな景色なんですが、全く観光地化されていなく、自然そのものを楽しむことができました。

紅葉を堪能して、山を降りてくると青い日本海が一面に。関東近辺で見る海とはまた違い、海の青さが素晴らしいです。

少し進むと漁港というか、漁村に到着。猫も喜ぶお魚がいっぱいいるんでしょう。

佐渡は基本的に信号がなく、ひたすら道路を走っていくと、こんなにもたくさん柿がなっていました。

帰りのジェットフォイルが待っている両津港へ向かう途中、佐渡の名酒『天領盃』の酒蔵を発見。

せっかくなのでということで、工場を見学させていただくことに。きき酒師としては、非常にうれしかったです。

まずは、日本酒で大切なものの1つであるお米、佐渡米です。精米前のお米がおいてあったんですが、これは↓30kgのお米が30袋分。つまり900kgのお米。

佐渡米と、佐渡で一番高い、金北山の雪解け水で作られているとのこと。佐渡米、雪解け水というところが地元ならではですね、心に響きます。

帰りは15:30発のジェットフォイルということで、佐渡での滞在時間が6時間半でしたが、とても充実した小旅行でした。

株式会社フェリーチェプラン

住所:東京都渋谷区神宮前 6-18-2 グランドマンション原宿 10F

Phone:03-5468-2970

fax:03-5468-2971

Copyright© フェリーチェプラン , 2020 All Rights Reserved.