09. 妊娠・出産生活

入院することになりました

11月4日にブログを書更新しましたが、その翌日は最後の検診の日。どうも血圧が上がっているようで、7日の13:00から緊急入院することになりました・・・私自身は、こんなんで入院するの?って感じですが、「妊娠高血圧症候群」とのこと。昔で言うところの「妊娠中毒症」です。

病棟のエレベータホールでの私ですが、体調は悪くありません。夜中に突然陣痛になり、慌てて病院に行くよりは安心と思いますが、急なことなので、ちょっと驚いてます。

日赤医療センターは、セキュリティがしっかりしており、何重にもチェックがあるので、とても安心です。

私は妊娠が分かったときから、個室ではなく、相部屋を選択していました。個室だと何だか寂しいし、周りに同じような妊婦さんがいる方が楽しいからです。窓際から見える景色は、広尾ガーデンヒルズ。角度は違いますが、私が大学時代に教室から見えた景色と同じです。

4人部屋の通路側ですが、カーテンで仕切ることもできます。周りには、私の他に3人いるということです。

最後に、さい帯血についてです。いよいよ分娩というときに、任意で提出する書類ですなんですが、さい帯血提供ということを教えて頂いたのが、アフラック時代の1年先輩の和佳さん。

私と同時期に退職していますが、現在は男の子3人のママさんです。仕事に対する心構え、責任感など、和佳さんから学ぶところが多かったですし、人間的にも尊敬しています。

さい帯とは、へその緒のことで、お産の直後にさい帯と胎盤に残っている血液(約50から150ml)をさい帯血といいます。さい帯血には、造血幹細胞(血液をつくる源となる細胞)がたくさ含まれてます。

この血液が、白血病や再生不良性貧血などの患者さんに、役に立つことができるのです。 高価な医療機器が必要なため、一部の病院(東京で提供できる病院一覧)でしか実施していませんが、手軽にできる社会貢献ですので、分娩時に提出する同意書に、サインしておきました。それでは、また日赤医療センターから、ご報告させていただきます!

株式会社フェリーチェプラン

住所:東京都渋谷区神宮前 6-18-2 グランドマンション原宿 10F

Phone:03-5468-2970

fax:03-5468-2971

Copyright© フェリーチェプラン , 2020 All Rights Reserved.