03. つれづれ日記 05. 雑誌・マスコミ

週刊ダイヤモンド・保険特集号

明日3月31日(月)は、店頭に週刊ダイヤモンド・保険特集号が並びます。保険に関する雑誌としての発行部数は最大であり、発売前は各保険会社の広報部も自社商品がどんな評価になるのか、とても神経質になっているくらい信頼度も高いです。

今年も商品ランキング選出者の16人の中の1人に選んでいただきましたが、数年前比べると、かなり男性比率が高くなりました。女性の評論家系FPよりも、男性の実務家系FPのアンケート結果の方が、より現実的ということなのでしょうか。

私の個人相談は無料ではありませんので、絶えず新しい情報と、ネット検索で得られない情報を相談者へ提供していく使命があります。8年くらい前から染宮勝巳税理士の門下生となり、昨年からは井上得四郎税理士のセミナーにも参加するようになり、継続的に勉強させていただいています。

逆ハーフタックスプラン、名義変更プランの活用方法、判例、否認案件、各社の逓増定期保険の特長、保険税務、ドクターマーケットの知識等々は、きちんとお金を払わないと、なかなか得ることのできない情報です。

私みたいな立ち位置の参加者は珍しいのですが、日本の最高レベルの実務家とお会いしお話させていただきますので大変勉強になりますし、キャリーバックを引きながら、九州や北海道からわざわざ参加している人をみると、もっともっと勉強しなければいけないという気持ちになります。

これからは保険会社の広報部が主催するセミナーだけの情報をまとめるだけのFPはどんどん淘汰され、詳しい保険税務の知識と判例知識まで求められる時代になっていきます。

2003年度版から資料としてストックしている週刊ダイヤモンド・保険特集号を改めてチェックしてみました。

当時は第3分野である医療保険・がん保険はアフラックの独壇場で、商品内容もシンプルで良かったです。現在の新シリーズは競争が激化し、ライバル生保に商品力で追いつき、追い越されたことがよく分かります。

死亡保険について、定期保険はライフネット生命が数年前までは強かったのですが、カタカナ生保の保険料の引き下げにより、競争は激化しています。終身保険は予定利率が引き下げられた関係で、ほんの一握りしか良い商品がありません。介護保険は相変わらず、ソニー生命が強いですね。

また、街中にあるサービスショップの変遷も注目であり、ほけんの窓口代表だった今野社長が、今は光通信グループに移り、傘下のみつばちほけんを事実上操っているというのは、時代も変わったなぁと思います。

次は、今年のお花見についてです。そういえば、最近ブログに娘さん登場しないねと言われることがあります。4月1日からは、ひとつ上のすみれ組になり、元気にやっています。

また、7月に誕生予定の第二子は、お腹の中でよく動き回り順調です。

4年経つと妊婦に対しても色々受け止め方が変わっているな、とつくづく感じます。今年からは1人で電車に乗るときは、マタニティマークはバックの内にして、優先座席の近くには行かないようになりました。私自身、思うところがあったということです。

先週末は、娘が保育園のみんなと日中遊びに行ったり、私もたまに利用する区立の公園に行ってきました。

一般的な桜よりも早咲きの、河津桜が満開。派手さはないですが、落ち着いた感じが大好きです。

菜の花も満開で、春の訪れを実感することができます。

そして昨日は土曜日ということで、いつも通り『かづな先生のセカンドオピニオン』があり、3組の方に来ていただきました。午前は静岡から、ご主人が大手新聞社、奥様が報道関係者のご夫婦でいらっしゃいました。午後は、独身女性からのご相談が2組ありました。

午前に来ていただいた相談者からは、「自分である程度調べたり、勉強してから相談にこようと思っていたのですが、ネット情報ではとうてい知りえないことばかりで、先に相談に来てよかったです。」と喜んでいただきましたし、午後の2組も同様の感想をいただきました。

帰りに娘を保育園まで迎えに行き、夕方でしたが、『目黒川桜まつり』へ。想像以上の人混みでしたが満開だったので、立ち寄ってよかったです。

夜は近所の金王八幡宮へ。渋谷区指定天然記念物の、金王桜があります。一枝に一重と八重の花が入り交ざって咲く、珍しい桜で、江戸三名桜のひとつです。

本日、3月30日(日)の外は残念ながら雨。ということで、久しぶりに落ち着いてブログを書くこともできるわけですが、お腹がここ10日くらいで、すごい大きくなってきました。

4月は週刊ダイヤモンドの発売と、横浜でのセミナーもあり、相談申し込みも増えることが予想されますが、だんだん、体力的にキツくなってきています・・・

誠に勝手ながら、4月26日(土)をもちまして、『かづな先生のセカンドオピニオン』は一旦お休みさせていただきます。再開の予定は未定ですが、出産後はセミナーと並行して個別相談を実施していきたいと考えています。執筆やブログの更新に関しては、前回の出産時と同様に、可能な限り継続していきますので、今後ともよろしくお願いします!

株式会社フェリーチェプラン

住所:東京都渋谷区神宮前 6-18-2 グランドマンション原宿 10F

Phone:03-5468-2970

fax:03-5468-2971

Copyright© フェリーチェプラン , 2020 All Rights Reserved.