03. つれづれ日記

2004年を振り返って

会社&おうちの大掃除も終了し、明日は大晦日。ここで2004年を振り返ってみようと思います。

■FPビジネスについてパネリストを務めました(1月)
■日記コーナーを「田園都市日記」にあらため、今のフォームに変更。新しいSOHOさんも採用。(2月)
■W初仕事:初ラジオ出演&初の札幌講演(3月)
■保険ゼミを正式にアップ、念願の画像付(4月)
■「最近の相談事例」をリニューアル(5月)
■セミナーの回数が増え、3連投。初の名古屋講演もあり(6月)
■父の会社・創業30周年記念パーティー、企画&無事終了(7月)
■SOHO町田さんと初対面(8月)
■『女のたしなみ保険塾』開講&保険初級コース・セミナー5連投。(9月)
■がん保険の選び方にて、日経新聞の取材を受けました。(10月)
■『女のたしなみ保険塾』無事最終回(11月)
■保険初級コース・セミナー5連投(12月)

少しずつですが、進化をとげられたかな。今年の収穫は、「継続は力なり」。セミナーに加えて、保険ゼミが週1回、休まず更新できたことが私にとって大きな成長です。燃え尽き症候群(笑)ではないのですが、なかなか継続が苦手な子だったので・・・まだまだ進化します。

来年の課題は「枠にとらわれない」。急なハプニングに弱く、原則をそのまま受け入れてしまうために、思い切ったことがなかなか出来ない性格です。

ぜったい改善しようと思ったキッカケはこちらの記事。

私は横浜市に住んでますが、11月に新しくできる中学校の校長先生を公募していたニュースをみました。私の住んでいる港北ニュータウンは、本当に子どもが多く、少子高齢化の時代とは全く思えないほど。

つい先日小学校ができた話は、日記でもしましたが、今度は中学校ができるくらい。横浜市といえば、日産ゴーン社長を誘致した、中田市長。いつも新しいことを市民に提供してくれるので、今回の校長先生公募の件は特に驚きはしなかったのですが、条件が「40歳以上」というのは覚えています。

「革新的といいつつ、やっぱり40歳以上でないと校長先生になる資格をもたせないんだ。ライブドアの社長は30代だし、別に30代からでもいいのに、やっぱりまだお役所ね。」と感想をもったのを覚えています。30歳からだったら、私もひそかに応募してみたいなあと思っていたからです(笑)。

私にとって今年最後のビックニュースはこの結果。元楽天副社長の本城氏。なんと32歳というではありませんか。「え−、40歳以上でなかったの?」

やはり、革新的な人というのは、枠にとらわれません。私が最適だと思い、交渉したのでしょう。急いで、Googleを調べてみたら、11月25日に、40歳以上55歳未満という応募資格が、55歳未満のみに変わっていました。20代でも、30代でも応募できたのです。

まず、枠にとらわれないで、これだ!と思ったことにはチャレンジしてみること。そうすれば、状況が変わっていく。そして、状況を自分の思い描く場面にもっていくこと。自分が自信をもってすすめることに関しては、人はついてきてくれるのだな、とこのニュースで私が感じたことです。

2005年どんな年になるでしょう。今までの経験を生かして、フル活動をしていきたいと思ってます。そのためには、年末年始、たっぷり休んで、パワーをつけておきたいと思います。

今年一年、サイトをご愛顧いただきありがとうございました。それでは、よいお年をお迎えください!

株式会社フェリーチェプラン

住所:東京都渋谷区神宮前 6-18-2 グランドマンション原宿 10F

Phone:03-5468-2970

fax:03-5468-2971

Copyright© フェリーチェプラン , 2020 All Rights Reserved.