03. つれづれ日記

アウトソーシング

人事部らしいご意見です。「家計のアウトソーシングってできないかな?」あまりない質問で具体的に聞いてみました。「3ヶ月前に更新したんだけど、その子ができちゃった結婚とかいって、担当じゃなくなっちゃったんだよ。」

保険加入へのプロセスを伺っていると、すべてが人事部の観点になっています。まず、会社に出入りしている外交員の人から加入します。その決め手は何か。「この子、将来伸びそう。ここで自信がつけばいいな」という判断で担当者を決めていくとのことです。

「今回、ここを改善しようと思っています。そのための情報とデータ、そして見積もりをお願いできないかな?」何度も課題を出し、担当者をトレーニングしていく。そして、きちんとそれに対して成果を出してくれた、という時点で「契約をする。」ということ。育成という眼でみていく、すばらしいですね。なかなかそんな方はいらっしゃらないですよ。

でも、それには、落とし穴もあります。物の考え方、コミュニケーション能力、プレゼンに自信がついた担当者は、次々と、昇進していき、さらにステップアップして転職をしてしまうのだそうです。

担当者は外れてしまっても、だいたい人事部や、研修部署に転職していくので、その後も、いろいろな人事制度について話す機会があるので、疎遠になってしまうことはないとのこと。

とにかく、「伸びそう」と思った担当者が、思った結果を出していくと、「今回の判断も間違えてなかったな」と確信する瞬間がたまらなく嬉しいとおっしゃってました。

話していくうちにこんなことを言っていただきました。「下の子どもも幼稚園に上がるし、ダブルで幼稚園費がかかるんだよ。そろそろ、人にばっかりお金を払っている場合じゃないと思ってたところ。今回、厚生年金基金・弔意見舞金・傷病手当など、全部データを出すから、それをひっくるめて考えてくれないかな」FPとしては本当に嬉しい反面、責任も重く感じますね。

保険証券のみ切り離してご相談うけている私にとっては、とても勉強の題材となります。人事部で計算するもろもろのお金って、普通に勤めている他の部署の人では把握できないですから。

ということで、毎日おこりうることではない保険の見直し。アウトソーシングできれば、そんなビジネスヒントもいただいた夜でした。そして、一家のライフプランを私にすべてを任せてくれる方がいる以上、全力でサポートしていきます!

株式会社フェリーチェプラン

住所:東京都渋谷区神宮前 6-18-2 グランドマンション原宿 10F

Phone:03-5468-2970

fax:03-5468-2971

Copyright© フェリーチェプラン , 2021 All Rights Reserved.