06. 金融・保険のこと

メディポリス国際陽子線治療センター【指宿】

指宿白水館に宿泊して2日目になりますが、SJNKひまわり生命鹿児島支社の黒須支社長のご厚意により、指宿の陽子線治療センターに見学に行くことができた田中香津奈です。

ひまわり生命鹿児島支社へセミナー講師として招かれた際、支社長と、夏休みに九州旅行に行く話をしたことから発展し、手配していただくことになりました。

本当にありがとうございます。

前々から、どうしても指宿の施設に行きたかった理由。

それは、、、

私が数年前に福島正伸先生のセミナーを受講したとき、がんと診断され、「手術しても今のような講演活動はできない…」とお医者さまに告げられたとき、

=====================
37の病院・医師をまわって、
自分の納得する治療法として
最後に辿り着いたのが、
指宿の陽子線治療センターだった
=====================
ことが心に残っていたからです。

治療に関する著書もありながら、いきなり答えの病院を言うのも何なんですが、ご興味のある方は是非読んでみてください。

「37の病院・医師をまわり 僕はがんを治した 」
福島 正伸 (著)

実際に行ってみて、まず意外だったのは指宿市街から、かなりの山道を登っていくこと。車だと市街から、25分はかかると思います。

現地まで1.2km地点の看板の近くには、「落石注意」の看板もありました。

ようやくゲートまでたどり着きましたが、ほとんどの方は、「こんなに山の上にあるの?」と思うことでしょう。

駐車場にはたくさん車がとまっていましたが、1日70人程度の患者さんが治療を受けているとのことです。

気になったのが、湧き出る白い蒸気。これは地熱発電とのことで、この一帯は温泉が湧き出るとのことです。

今回、施設を詳しく案内してくれたのは、広報の大松茂さん。

■陽子線治療は1日1回。
■時間は1日15分~20分程度を8~35回。
■痛くも熱くもなく、
点滴などのチューブ類も一切つけない。
■スケジュール通りに治療が終わる。

という痛くもかゆくもない素晴らしい治療法です。

しかし、デメリットとしてはやはり費用が高く、総額で約330万円もすることです。ただし、10回の照射だから安く、30回の照射だから高い、ということはなく、その患者の最適な回数が約330万円ということで、1回いくらという計算ではありません。

また、胃がん、大腸がん、血液のがん、広範囲に転移したがん、は治療の適用にはなりません。逆に、上記以外は適用または適用の可能性が高いということでもありますが、乳がんについては、現時点では臨床試験になります。

患者さんは中央の台に横たわるだけ。人は動かずに、機械が動きます。実際に放射線技師がボタンを押して、動かしてくれました。

上部の装置が動いていますね。

裏の部分も見学させてくれましたが、

重量が170トン(大型バス約17台分)もある装置が裏では連動して動いているのです。

待合室は広々とした明るい雰囲気ですね。

1日の治療時間がわずか、15分~20分ということは、治療しないほとんどは自由時間。だから、隣接している「指宿ベイヒルズ&スパ」に宿泊している方が多く、ゴルフ、釣りをはじめ、飲みに繰り出しても問題ないとのことです。

「指宿ベイヒルズ」からの眺めは、素晴らしいです。

最後に、今回の見学により、どうしてもお伝えしたいこと。約330万円という費用を

「ポンと現金で出します」、
「むしろ安いくらい」

という方以外は、 先進医療特約の付いた医療保険に入るべきです。

指宿で治療を受ける患者の約60%が、民間の生命保険会社で加入している先進医療特約からの支払いとのこと。月々100円前後という安い特約の保険料を
ケチるのは、賢明な判断とはいえず、自分への投資と考え、先進医療特約の付いた医療保険に入るのが妥当な選択かと思います。

自分の命は自分で守らなければならない時代において、 最初にどの治療法を選ぶかで、その人の運命が決まってしまうという事実だけは、知っておいた方が良いですし、保険募集人の方が、是非案内して欲しいこと。

それは、、、

==============================
別の病院で、放射線治療などを受けていて、
「効果がないから陽子線治療を受けたい」
と希望しても、同じ場所には
線量が多くなるので、そもそも、
治療を受けることができない
==============================

という悲しい現実です。

がんが見つかったときに動揺した患者は、藁をもつかむ思いで、主治医の言うことを信じますが、下手に放射線を当てられた時点で、指宿でのリゾート治療の夢は絶たれてしまいます。

私はFPという商売柄、商品比較やランキング依頼が多いからこそ言えることなんですが、

=======================
保険商品は大事ですが、
もっと大事なのは担当者である
=======================

と、つくづく実感します。

【ミニ情報】
メディポリスの相談窓口は、関東にもあります。
関東・・・聖マリアンナ医科大学
専門外来・陽子線治療相談外来
044-977-0611

株式会社フェリーチェプラン

住所:東京都渋谷区神宮前 6-18-2 グランドマンション原宿 10F

Phone:03-5468-2970

fax:03-5468-2971

Copyright© フェリーチェプラン , 2020 All Rights Reserved.