04. プライベート

落ち着く理由は「東北の熱海」だから?

浅虫温泉「椿旅館」に連泊しており、ここを拠点に行き当たりばったりの旅をするはずが、楽しむところがいっぱいあるので、浅虫だけで1日を過ごした田中香津奈です。

浅虫温泉は「東北の熱海」と呼ばれているとのことですが、海・山・温泉の3つに囲まれた感じが、本当に熱海に似ています。部屋に備え付けの電話は、昭和時代のもの。ダイヤルを回して戻る感じが物珍しいようですが、

私はとても懐かしい。

私が子供の頃は黒電話でしたが、それだけで年齢が分かってしまいますね・・・

あさむし水族館は、イルカショーもやっており、子供達が楽しめますが、陸奥湾や白神高地の魚がたくさん泳いでいます。特に海の魚は、カレイ・ハタハタ・ソイなど、見て楽しむというよりは、不謹慎ながら美味しそうに思えてしまいました・・・

幻の魚、イトウが優雅に泳いでいます。

お昼は、紹介してもらった「もりや商店」へ。(お店の看板はもりや売店)

湯ノ島を見ながら食べるのですが、何を食べても美味しくて感動。

海鮮丼だけでなく、ラーメンも絶品で、とてもあっさりしています。

浴衣姿で夕日を見に行きました。

素晴らしい景色でした。

JAL「どこかにマイル」を活用しなければ、きっと訪れていなかったであろう浅虫温泉。想定外の充実した旅になりました。本日は、小川原湖に立ち寄って家に帰ります!

株式会社フェリーチェプラン

住所:東京都渋谷区神宮前 6-18-2 グランドマンション原宿 10F

Phone:03-5468-2970

fax:03-5468-2971

Copyright© フェリーチェプラン , 2020 All Rights Reserved.