04. プライベート

渋谷のお祭り&常陸宮邸ご訪問

一昨日に続き、ブログ更新です!

渋谷区では毎年この時期になると、大々的なお祭りがあるので、1週間くらい前から街中で準備が始まります。夏祭りではないですけど、やはりお祭りとなると、何となくソワソワした気持ちになります。

特に、私の家から徒歩1分くらいのところにある金王八幡宮では例大祭を開催するので、参道と道路は提灯でいっぱいになり、坂東三津五郎さんをはじめ、著名人が寄進しています。

9月13日(土)は、町内会の子供御神輿に参加しました!子供用の御神輿と山車です。

今年は常陸宮両陛下御成婚50周年ということで、ご結婚時にお祝いで製作された特別の御神輿が戦後初めて公開されました。
製作後、50年間、氷川神社で保管されていたということで、大変貴重な場に立ち会うことできました。

私の住居と同じ町内に位置する常陸宮邸ですが、地元の方のご好意により、家族で今回特別にご訪問する機会を得ることができました!!

常陸宮さまは現在の天皇陛下の弟宮になります。常陸宮邸ですが、元は薩摩藩島津家の屋敷だったとのことで、昭和25年からは現天皇陛下の東宮仮御所となり、昭和35年に赤坂の東宮御所が完成するまでは、お住まいになられていたということです。
昭和34年に皇后陛下とご成婚されていますので、1年間だけ新婚時代をお過ごしになったとのこと。

たまに日赤病院に行くときに宮邸周りの道を通り過ぎるのですが、まるで森のようですので、その中を想像できる感じではありません。六本木から渋谷に向かう途中に常陸宮邸があるのですが、一般道の上を高速が走っています。しかし常陸宮邸に失礼にならないように、この区間のみをトンネルにして一般道・高速道路共に下を走っているのです。

宮邸の大きな門扉を入り数分坂道を歩くと、いよいよ、ご自宅の入り口付近に到着。数分後、ようやく、常陸宮殿下とミニチュアダックスフントを抱きかかえた華子妃殿下がお見えになられました!

約30分にわたり、小学生の子供達と会話をされていたのですが、特に華子妃殿下の全身から醸し出す品格の良さには圧倒されっぱなしでした。皇族と一般庶民との歴然とした違いを実感したということなのかもしれませんが、そのことが、なぜだか嬉しい気分にさせてくれます。

この日は、渋谷スクランブル交差点で渋谷金王丸のねぶたも運行。

渋谷駅を出てすぐの広場にてお披露目でしたが、ものすごい人だかりでした。

19時からは、金王神社でBEGIN(ビギン)の奉納ライブがあり、窓をあけて自宅で過ごしていると、沖縄の楽器やバイオリンの音色、ファンの掛け声にのせて、懐かしい歌声を聞くことができました。

9月14日(日)は、大人の御神輿が出陣です。金王神社に奉納する「ときわ松町会」の御神輿。

宮本の法被は、「渋谷三丁目町会」。

こちらは、「渋谷二丁目町会」です。

その他、「鶯谷睦会」、「高樹町会」など、それぞれの区域の御神輿が続々と時間差で、奉納していました。

毎年渋谷では地元住民によって、こんなにも盛り上がりを見せているのですが、いつもセミナーや個人相談でしたので、ゆっくりと堪能したのがこれが初めてです。今年は次女を抱っこしていたため、ガッツリ参加することはできませんでしたが、来年は町会の法被を着て、御神輿を担いでみたいと思います。

株式会社フェリーチェプラン

住所:東京都渋谷区神宮前 6-18-2 グランドマンション原宿 10F

Phone:03-5468-2970

fax:03-5468-2971

Copyright© フェリーチェプラン , 2021 All Rights Reserved.