04. プライベート 06. 金融・保険のこと

スヌーピー展&運動会

最近、メットライフアリコ(※以下メット)が、週刊ダイヤモンドや週刊現代等にて叩かれています。

大型の来店型代理店に対し年間保険料を100とした場合、160の手数料を出していたことが大きな問題のひとつであり、その制度を巧みに利用した代理店と本体との裁判も継続中とのこと。やり過ぎだったことは事実ですが、だからといって一事が万事的に『悪い』会社と決めつけるのは早合点。

アリコそのものは以前に比べると、財務基盤、商品性、給付面などで、大幅に改善されており、競争力は高く、今後も注目する保険会社のひとつであることは間違いありません。

今、メットといえば『T-PEC(ティーペック)』と言っても過言でないくらい力を入れています。現在、メットをはじめ、アクサ生命、マニュライフ生命、富士生命、大同生命、AIU、アメリカンホームもティーペック株式会社と提携していますので、こういった付帯サービスも、保険選びの需要な要素になります。(※各保険会社により、微妙にサービス内容は異なります)

メットは10月からはさらにグレードアップされ、「がん総合サポートサービス・糖尿病サポートサービス・メンタルヘルスサポートサービス」が追加されました。

ティーペック株式会社が提供する無料サービスであり、健康に関する悩みや相談があるとき、治療法などについて主治医以外の意見を聞いてみたいときに、無料で対応してくれます。公共の自治体であれば、横浜市、藤沢市などが採用しており、全国の公立学校の先生が対象である公立学校共済組合も採用しているなど、この手のサービスの中では、最高水準になるでしょう。

もし、このサービスを単体で加入した場合、入会金52,500円、月々10,500円もしますが、我が家は月々1,500円弱のメットの保険に加入していることによって、よく利用させていただいております。

台風関東直撃のニュースが流れる中、「メットライフアリコにおけるブランド戦略」と題し、六本木ヒルズにて記者/FP向けセミナーに参加してきました。スピーカーは、執行役員専務の谷貝淳氏です。

元アフラックの役員で、「アフラックダック」のブランディング戦略を担当していた方です。私自身が会社を設立した当時、ご挨拶させていただいた以来ですので、約7年ぶりの再会です。

1985年からメットのキャラクターになっているスヌーピーです。スヌーピーの作者、チャールズ・M・シュルツ氏がメット顧客であったことがきっかけで、自然とキャラクターとして起用されたといった小話もありました。当日は、スヌーピー作者の夫人であるシーニー・シュルツ氏もセミナーでご挨拶があり、その後内覧したスヌーピー展で一緒に写真をとっていただきました。

「スヌーピー展」は、六本木ヒルズで来年1月5日(日)まで開催中で、貴重な原画など、アメリカにあるチャールズ・M・シュルツ美術館から初来日していますので、よろしければ、足を運んでみてください。

10月12日(土)は、運動会がありました。集団演技をする前ですが、ひとりだけ衣装のスカートをはくのを拒んでいます。

気分転換に、3月までクラスの担当だった先生に、小学校内のへちま見学に連れていってもらいました。

機嫌よく帰ってきましたが、最後まではくことはありませんでした・・・

この写真は、横浜の山下公園のベンチで寝ているところです。

本日18日は、代々木公園への遠足の日です。

おかずはきんぴらごぼうとから揚げ。お米は白米ではなく、7分づきや5分づきの分つき米に、黒米、あわ、ひえといった穀物ブレンドを混ぜて炊いており、小さいおにぎりは岩のりが、大きいおにぎりには鮭が入っています。

最近、健康食がマイブームであり、その余波がお弁当にも反映されてしまっています。

株式会社フェリーチェプラン

住所:東京都渋谷区神宮前 6-18-2 グランドマンション原宿 10F

Phone:03-5468-2970

fax:03-5468-2971

Copyright© フェリーチェプラン , 2021 All Rights Reserved.