04. プライベート

ジンギスカン探検隊

真夏日が続きそうな関東地方を後に、仕事兼1日オフで北海道・札幌へ行ってきました!!札幌は昨年11月もセミナーで訪れていて、何度か足を運んでいるんですが、1泊で東京に戻ってしまうことが多く、食の北海道を満喫しきれたことはあまりありませんでした。

北海道というと、高校2年生のときの修学旅行が「北海道一週〜7泊8日」で、そのイメージがとっても強いです。北海道をぐるりと回るというのは移動距離が多く、食べたらバスに乗り・・・ということで食っちゃ寝、食っちゃ寝の思い出が強いです。(笑)

ということで、今回は1泊プラスして、久々に北海道・食い倒れをしてきました。(もちろん仕事の合間ですが・・・)さすがに北海道一周は時間的に難しいので、合理的に食い倒れ!ということで、『ジンギスカン』に集中することに。

まずは、以前も登場した

『味の羊が丘』
<住所>札幌市中央区南6条西4丁目 小林ビル1F・2F
<tel>011−512−0238

社長特製の「秘伝のたれ」を満喫。最後のお楽しみということで、たれにお茶を入れてくれました。たくさん食べたお肉のうまみが凝縮されたたれにお茶を注いで飲み干す・・・。極上の裏メニューでした。(もちろんお茶代は無料です^^)

『味の羊が丘』で北海道の生肉ジンギスカンの感覚を取り戻したところで、夜しか開いていなく、最近、脱税事件があったとしても客足が全く遠のいていないと、タクシーの運転手さんが口を揃えて絶賛する、

『だるま』
<住所>札幌市中央区南5条西4丁目 クリスタルビル1F
<tel>011−552−6013

昭和29年創業から変わらぬ特性のタレが有名で、手際よいおばさまたちがカウンターを仕切っています。

たれは『味の羊が丘』よりさっぱりしている気がしますが、お好みで、ニンニクや唐辛子を入れるとさらにオリジナル度が増します。

どこのお店に行っても、「生で食べられるくらいなので、焼きすぎないでね」とアドバイスを受けるので、だったら、ラム肉の刺身とかってあるのかしら?と思い、いろいろ聞いてみるうちに1件のお店が急浮上!「ラム肉の刺身を食べられるところもいあるよ。ケケレに行ってごらん」

ということで、さっそく『ラムハウス ケケレ』 へ。
<住所>中央区大通西16丁目
<tel>011−611−0299

念願のラム肉の刺身。やわらかくって、筋もなくって本当おいしかったです。

そして、今までにないタレと遭遇。

透明なんです。バジル、ナツメグ、シナモンなどいろんな調味料が配合されていて、塩としょうゆベースの革新的なタレです。ジンギスカンのイメージをさらにくつがえすシチュエーションです。

いや〜、すっかり私の洋服はジンギスカン香りにつつまれています。みなさんも、札幌に行ったときはぜひ、どこかのお店チャレンジしてくださいね。私は、たったの1日5時間しか営業していないお店を行き損ねてしまいましたので、札幌に行く際は訪れたいと思います。

以上、ひたすらジンギスカンを食べ続けた、田中かづなでした!!

株式会社フェリーチェプラン

住所:東京都渋谷区神宮前 6-18-2 グランドマンション原宿 10F

Phone:03-5468-2970

fax:03-5468-2971

Copyright© フェリーチェプラン , 2020 All Rights Reserved.