04. プライベート

奈良町へ

20日(火)に大阪入りしまして、仕事の打ち合わせなどをして、 21日(水・祝日)だったので、奈良に移動してみました!奈良は、年中行事が多いため観光シーズンに当たると 観光客でごった返し、 ちょっとした隙間を狙うと、本当閑静な日本の古都を味わうことができます。

ということで、『東大寺・二月堂のお水取り』が終わり、 桜があともう少しで開花というところで観光客が一段落しているところ。今回は有名どころの観光スポットでなく、 クロウト通の場所に行って見ました。

【白毫寺(びゃくごうじ)】 キャッチコピーは「ながめのよい花のてら」。 実は関西には花の寺25ヶ所あるということで、 このお寺は『第18番』。 この季節は椿の花が境内を飾り、本堂前の五色椿は、奈良三椿の 一つとのこと。境内境内から奈良市内が一望できます。

五色椿が天然記念物で、椿に囲まれたお寺さんです。

フラワーアレンジメントや華道に興味がある方には 必須のお寺さんですね。漠然と奈良の町を歩いていても日が暮れてしまうと思い、 合理的な方法ということで、人力車に初チャレンジ!!

人力車って、タクシーと徒歩の中間の乗り物で、 ただの移動の手段だと思っていたのですが、大間違い。 旅行雑誌に載っていないウンチクや地元の人しか知らないことを 解説してくれるんです。 (こぐだけで汗だくなのに、解説してくれるんなんて 汗がだらだらでちょっと恐縮しちゃう気持ちになりますが・・・)

わかりやすくいうと、ディズニーランドのガイド付きで オープンカーに乗って観光しているような感じです。

日本で唯一ピラミッド型の土塔という【頭塔】。 由来はいろいろあるようですが、「日本昔ばなし」のような ストーリーがあるので、ぜひ実際に行ってみてください。

その後は、女性に人気の「奈良町」。 京都とはまた違う風情で一見の価値ありです。「おすすめのお店は?」とつかさず質問すると、 【文助】です。

スタッフは全員女性で、夜は前日までの予約ということで 徹底していますが、カウンターあり、お座敷あり、蔵あり、と3回以上でも楽しめるお店です。こんなことで、私の一日奈良観光は終了です。 きれいな夕日でよい思い出となりました。

なかなかメディアではお届けできない奈良観光でしたが、時間に追われる 生活から開放された貴重なひとときでした。リフレッシュして、またお仕事がんばります。^^

株式会社フェリーチェプラン

住所:東京都渋谷区神宮前 6-18-2 グランドマンション原宿 10F

Phone:03-5468-2970

fax:03-5468-2971

Copyright© フェリーチェプラン , 2020 All Rights Reserved.