01. セミナー

SJNK相続セミナー in 帯広(感動編)

2/13(金)は、北海道・帯広でのセミナー開催日です。今回はあえて、タイトルに感動編と入れさせていただきました。いろいろ感動はあったのですが、特に4つの感動をメインにお伝えさせていただきます。

今回のスケジュールの中で、一番懸念していた事項、「当日、雪で飛行機が飛ばないのでは・・・」ということ。セミナー開始時間に合わせて、始発の飛行機の予約は取っていましたが、天気予報が気になり、いつもよりは早いAM3時起き。

案の定、『ANAは北海道方面20便の欠航を決めました』というニュースが。私は7時50分、羽田発のJALなので、欠航はまぬがれましたが、「とかち帯広空港 雪のため引き返すことがあります」という、【条件付き運航】というメールが朝5時33分に入りました。ひとまず日の出とともに、羽田空港入りです。

東京・羽田はいい感じで晴れているのに、北海道、東北地方は欠航便が相次ぎ、7時台というのに人だかりが・・・帯広行きは何とか羽田空港を定刻で出発することができましたが、雪のため引き返すリスクは無くなったわけではありません。万が一引き返すようなことがあれば、代わりの足がないので、すべてがアウトであることを考えると、ああしておけば良かったと後悔の気持ちを抑えることはできませんでした。

九州方面へのフライトが多かったので、東北を通っていくルートは久々です。途中までは晴れやかな天気でしたので、少しは楽観的になっていましたが、やはり心配・・・

「とかち帯広空港に着陸しました」普通のアナウンスですが、これが本日の第1感動!です。当たり前って何て素晴らしいのでしょうか。整備員の方々でしょうか?お出迎えしてくださってますが、吹雪の中きっと夜通し整備してくれていたのでしょう。

空港を出ると、-6℃の掲示板が。東京では6℃くらいの気温でしたので、数時間の間に12℃の温度差を体感させていただきました。

会場である北海道ホテルに無事到着。朝10時30分頃、吹雪状態ですが、とにかく寒いです。

セミナー開始時間は、14時なので、無事帯広に着いたからには、現地で食べてみたかった豚丼に行ってみようと。待ち時間1時間もざらだという帯広駅前の老舗『ぱんちょう』へ。

吹雪の中、並ぶのはきついので、開店11時に到着。豚の枚数によって、値段が違うようですが、セミナー前なので、4枚入りの一番小ぶりのものを。お肉がやわらかく、たれも絶妙で、いくらでも食べられる感じでした。

雪の中、欠席の方もいらっしゃったようですが、いつも通り多くの皆さんにお集まりいただきました。

今回、『合同会社オホーツク保険』の方とお名刺交換させていただきました。名刺交換した瞬間、私の頭の中にはオホーツク海が思い浮かびました。

そのようにすぐ想像させる会社名はすごいです!印象に残ります!お名刺の住所を拝見すると、紋別市にある代理店で、やはり近くにオホーツク海が。ナビタイムで検索すると、有料道路を使っても片道5時間半の道のりのようで、往復10時間以上です。このことが本日の第2感動!!となります。私も羽田から帯広まで遠いと思っていましたが、まだまだ甘かったですね。

無事にセミナーが終わり、帰りの飛行機は、帯広発19時10分を予約していたのですが、「出発地悪天候のため欠航になりました」との悲しいメールが入っていました。急いで、JALに電話すると、最終便20時05分は朝と同じく【条件付き運航】とのこと。ギリギリ空席があり、チケットを確保することができました。

18時30分頃、ホテルを出れば間に合うとのことで、約2時間空き時間できてしまい、ホテル内の温泉に入ることにしました。

湯気の関係で、ぼんやりですが、茶色のお湯です。「モール温泉」という地中に埋もれた植物が、黒炭に変化する過程で生じる、フミン酸やフルボ酸という、肌をつるつるにする有機酸が、地下水に溶け出し、温泉となったものということですが、今まで体験したことのない温質で、本日の第3感動!!!になります。

 

豚丼と同じく、モール温泉めぐりも帯広観光の一つとなっていましたので、束の間のくつろぎを堪能。露天風呂もあり、あっという間に1時間ほど入浴させていただきましたが、とてもサッパリしました。

最終の飛行機が飛ばなかったら、帯広に宿泊しなくてはいけないため、心配してくれたひまわり生命の社員の方が、わざわざ空港まで送ってくださり、そして、出発するまで空港で待機していただきましたが、無事帯広を離陸することになりました。

長かった一日のおみやげは、大好きな六花亭のバターサンドと、初めてみつけたバタ。(バターと伸ばさないようです)昨年末からバター不足に悩むことが多いので貴重です。

これは東京で買った牛乳ですが、『よつ葉』ブランドは十勝産のようで、単純な発想ですが、これから私は『よつ葉』をメインにさせていただきます。

最後に、東京をはじめとする大都市で働く人は、何だか仕事の中心と錯覚してしまうところがありますが、そんなことはありません。改めてそんな思いにさせてくれたのは、決して働きやすい環境とはいえなくてもがんばっていらっしゃる帯広で働く社員の方々の姿であり、このことが本日の第4感動!!!!になります。

朝の5時台からメールでやりとりをさせていただいたり、事務局の方にはいろいろとご配慮いただき、本当にありがとうございました。

 

株式会社フェリーチェプラン

住所:東京都渋谷区神宮前 6-18-2 グランドマンション原宿 10F

Phone:03-5468-2970

fax:03-5468-2971

Copyright© フェリーチェプラン , 2020 All Rights Reserved.